MENU

モテない理由がわからない、そんなあなたに送るアドバイス3つ

小さい頃から「美人」「可愛い」とほめられ、事実自分でもそう思う。
今も同性の友人からは嫉妬されるかうらやましがられるかの2通り。

 

……なのにモテない。

 

というジレンマを抱えている女性は、決して少なくありません。
むしろ一般的に「美人」といわれる女性たちの多くは、この「モテる要素をたくさん持っているのにモテない」というジレンマに少なからず陥っているもの。
美女に限ってダメンズに捕まるのも、このためです。

 

ここでは「どうして自分がモテないのかわからない」というあなたに、ぜひ考えてみてほしいポイントをまとめてみました。

 

モテるためには第1印象より第2印象が重要

 

昔はやったお見合い番組では、告白時の「第1印象から決めてました!」という台詞がお決まりになっていましたが、第1印象がよくても、第2印象が悪ければ、その台詞にはつながりません。

 

キレイで可愛いあなたの第1印象は、好みはあっても悪いということはないはず。
それでもモテないということは、第2印象が「相当悪い」という事実をまず直視しましょう。

 

第2印象でギャップを出せればモテる

 

ところがこれができる人がとても少ないのです。

 

すごく美人で、男性にも不自由してなさそうなのに、実際に話してみたら、とても落ち着いていて、優しい印象を受けた、となれば、確実にモテます。

 

そのために必要なのは、なんといっても「謙虚さ」。
わざとらしく自分を卑下するのではなく、相手や他人を認める気持ちを持ちましょう。

 

合コンなどに行くと、知らず知らずのうちに、相手を自分に合わせて品定めする癖がついてはいませんか?
「パス」と思う前に、よく相手の話をきいて、「その人の良い所」を探すようにしてみてください。

 

美人なあなただからこそ効く即効性有りのテクニック

 

それは「黙ること」です。

 

今までちやほやされ慣れていても、わがままをきいてくれる人とばかりつきあってきていても、美人に生まれた以上仕方ないことですから、それはそれでいいんです。

 

ただ、もっと普通にモテたいのなら、口を開く時間を半分にしましょう。

 

喋れば喋るボロならぬ、お高さがだだ漏れてしまうのは美人ならでは。
逆に、穏やかでもの静かな美人の人気は絶大です。

 

その場や話題の中心を離れ、落ち着いて話をきいたり、観察してみたりすると、今まで見えなかったものが見えてくると同時に、今まであなたを恋愛の対象にしていなかった人からも、矢印がとんでくるようになるはずです。

 

おわりに

 

美人には美人なりの苦労があるとはいいますが、大抵は自分に原因があり、そして「美人が得」であることも事実です。

 

生まれもった武器は最大限に生かしつつ、内面も磨いて、モテのエッセンスを身につけてみてください。