MENU

彼と親しい友達から一歩進んで恋人同士になれる方法

男性と知りあい、かなり親しくなって毎日のようにメールをするのだけれと、何故か「会おう」とまで誘って貰えない場合、相手の本音が知りたくなるものです。
彼も私のことを嫌いではない様子なのに、二人でデートということはなく、会うのはいつも大勢での飲み会ばかり・・気がつけばいつしか貴女は彼のことが好きになっていたということですね。
この様に、最初に友達として始めてしまった関係を、恋人同士にまで持って行く為には、どのような行動をとれば良いのでしょうか。

 

1.草食系男子の場合はサポートしてあげる

 

男性にも「断られたらどうしよう」と恐くて中々はっきりとした態度に出られないタイプもいます。
気まずい関係になってしまう位なら、いっそ今のままの仲良しのままいた方が良いというような、控え目な男性もいるということです。
そんな時には、貴女の方から彼に対して「好きです」という雰囲気を出してみましょう。
言葉で言う必要はありません、何かの拍子に二の腕当たりにそっと触れたり、じっと見つめてほほ笑んだりするだけで良いのです。
「もしかしてOKして貰えるかも」という期待を持って貰い、告白しやすい状況をサポートしてあげましょう。

 

2. 自分からは告白しない方が良い

 

男性は征服欲が強いので、告白してOKして貰ったという達成感でより貴女のことを大切にしてくれるでしょう。
そうなる為にも、雰囲気こそ出しても女性の方から告白はしないで、「いつでもOKよ」という状態で待っていてあげましょう。

 

3.彼の方から親しくしてくる場合

 

少なくとも貴女に対して好意を持っている男性なら、好意から恋愛に変えるようにしみましょう。
まずは彼に誘われた時は喜んで付き合います。
とても楽しそうに過ごすのですが帰り際がそっけない、「やっと会えたー」と喜んで遊ぶ割にはその後ぱったりと連絡が途絶えるなど、彼にとって手に届きそうで届かない存在になります。
彼の興味が貴女に向かう様に近づいては距離を取ることを繰り返してみましょう。

 

4. 彼の方から行動を起こさない場合

 

送ったメールには返信してくれるし、誘えば付き合ってくれるけれど、彼の方から連絡が来ることはない、そんな彼には、あまり好きという態度を露骨に見せない方が良いでしょう。
代わりに、飲み会で汚したらさっとおしぼりを出してあげる、読みたい本があったら探してあげるなど、親切にしてあげましょう。
「なんでそんなに親切にしてくれるの?」と訊かれたら「え、さあーなんでかな?」スルーします。

 

終わりに

 

男性側にも事情があって、仕事で大きなプロジェクトが一段落したら告白しよう、女性の誕生日に告白しようなど、機会を狙っているということもあります。
じんわりと温めて機を熟させてあげるというのもテクニックなのです。